ムダ毛が薄くなる!脱毛継続で効果が持続する?!

毛が無くなるということ

みなさんムダ毛処理の方法によって
毛が無くなりやすいかまた生えやすいか決まってくるんです。

色々ありますよね脱毛方法って!!

カミソリ・毛抜き・除毛クリーム・脱毛サロン…。

どの方法の継続が脱毛効果を高める可能性があるのか
探ってみましょう。

継続効果は脱毛サロン

1番は最新脱毛機器を使用した脱毛サロンです。

メラニン色素に対して光を照射し、
脱毛効果を促します。

この際に肌を傷つける可能性は少なく
肌にダメージを与えず処理していきます。

毛周期に沿って光を当てることで
ムダ毛の成長が弱くなり
徐々にムダ毛の量も減っていきます。

継続すれば継続するほど
ムダ毛がなくなりやすくなるのが脱毛サロンです。

【そこそこ参考になるURLかも?】
脱毛サロンを錦糸町で探すなら

※私の友人OLが帰宅帰りによる、錦糸町のサロン特集です。

カミソリ&除毛クリームはNG

カミソリと除毛クリームは似ています。
カミソリも除毛クリームも肌にダメージを与えながら除毛していきます。

例えば
けがをした皮膚に毛が生えやすいということって経験がありますか?

毛は基本的に肌を守ろうとしているので
毛が生えやすくなるんですね。

その原理と同様に
カミソリも肌を傷つけながら
毛を処理します。

除毛クリームも強い薬剤を利用し、
肌を弱らせて毛を処理します。

肌にダメージが起き
肌トラブルになりやすいのは想像できますよね!!

毛抜きは埋没毛になる

脱毛効果継続は
毛抜きにもカミソリにも除毛クリームにも
期待できませんね。

また毛抜きでは
埋没毛になる危険があります。

毛穴で形状が変わって
皮膚内で成長してしまい
皮膚がふさがってしまうことを言います。

このようにデメリットの多い脱毛処理は
時間と肌にかかる負担が計り知れません。

継続で脱毛効果が高い脱毛サロンを選ぶことが大切になります。

うなじは女の武器?きれいな「うなじ」の脱毛処理!

うなじはキレイにしてますか?

うなじって女性にとっては最大の武器なんです。
うなじをおろそかにすると女子力低下の原因ですよ!!

とにかくうなじはキレイにしとかないと!!

芸術につながる?!

みなさん絵画ってありますよね?
絵っていうのは
額の中に白い紙がある状態ですよね。

人の顔も同じ原理で見えるんです。

髪型は絵画でいう額縁。

絵は顔をあらまします。

美しく絵を見えるには
額縁の大きさや太さや色も大きく影響します。

人間も同様に
髪型で顔の見え方も大きく変わるのです。

正面から見た話をしていますが
うなじも同じような話になります。

うしろ美人

要するに
後ろ姿で美人を語ることができるのです。

ヘアースタイルがダウンスタイルの場合は
関係ありませんが、

髪を結ってアップにした状態では
うなじのキレイさがものを言います。

例えば
京都の舞妓さんは
後ろ姿がとても重要です。

おしろいを塗りますが
うなじの部分のおしろいの塗り方も
うなじをキレイに見せるための化粧方法です。

昔から現在に至るまで
このようにうなじは美人の象徴なのです。

うなじの処理方法は?

ところで処理方法ですが
キレイに剃る方法もありますが
できれば最新技術を取り入れた脱毛方法を選んだほうがいいでしょう。

カミソリでキレイに剃る方法もありますが
自己処理ですとキレイにできません。

見えませんからね。

ですので
脱毛サロンのうなじ処理でキレイにしておく方が
今後の為にもいいでしょう。

毛が濃いのはどうして?!【脱毛講座・毛が濃い編】

毛が濃いのが悩みです…。

さて脱毛講座ですが、今回は毛が濃い編をお話ししましょう。
まず、毛が濃いと悩まれていますがそれはどうしてですか?

それは自分の毛が他人と違うように見えるから嫌に感じているのです。

もし自分と同じように他人も同じ毛の量だったら
こんな悩みを抱えることはないでしょう。

では具体的なお話しをしますね。

実は毛の量は同じ

人間はほぼ同じ毛穴の数が存在します。

そして老化を除外して考えた場合に
毛穴から生える髪の毛の本数は1本から3本程度
生えています。

体毛は1本前後ありますが
毛穴の数は同じです。

ではなぜ他人と比べて毛が濃く見えるのでしょうか?

毛の太さが違う

毛の太さに個人差が現れます。
男性と女性を比べれば一目瞭然ですね。

男性の方が体毛が濃い人が多いです。

これは男性ホルモンが影響していると言われています。

男性でも体毛が薄い人がいますが
これは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスで
このような状態になっていると言えます。

女性も同じで
毛が濃く見えるという方は
毛が他人よりも太く成長し、
男性ホルモンに偏っていると言えます。

ですが毛穴の数は同じですので
毛の太さで体毛の濃さが決まるということです。

女性らしい肌を求めるなら

やはり女性は美肌を求めます。
その場合は、やはり脱毛処理が欠かせません。

体毛には各部位が成長に差があり、
毛周期といった毛の成長のタイミングがあります。

脱毛ではこのようなことを理解したうえで
処理をしていく必要があります。

毛の事を無視して
自己処理で脱毛処理をするのはオススメできませんよ。